fc2ブログ

2013-09

DIY-塗装編- 壁

屋根を塗り終わったので、壁の塗装に取り掛かります。

今回も色を何にするかで悩みました。
この頃は車の運転中に、他所の家の壁の色が気になって仕方がありませんでした。

赤色も好きな色の一つなので真っ赤にするか、真っ赤はきついので「まことちゃんハウス」みたいにボーダーにするかとも考えましたが、ボーダーは塗り分けるのが大変だろうし、赤色の塗料は一般的な色の塗料より倍近く値段が張ります。
そもそも妻に却下されるのは目に見えていますし、予想通り却下されました。

色々と悩んだ結果、「ナスコン」と言う色に決めました。
この「ナスコン」と言う色、「茄子紺」と書くそうで、文字通り茄子の紺色です。
色見本を取り寄せて確認したのですが、どうも黒にしかみえません。
実際に塗って見ると、当然ですが黒では無く紺でした。
色見本が一番分かり易いかと思っていましたが、小さい色見本と大きな壁とでは全然見え方が違うのですね。

塗装前の我が家の画像、

ゼンタイA

屋根とは違い垂直面への塗装。
屋根は黒1色でしたが、ナスコン・黒・白と3色に塗り分ける。
足場等組まないので、脚立や梯子を使って手が届く範囲内だけの作業。

と、大変な作業となります。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

DIY-塗装編- 屋根本塗り

屋根の色は黒にしました。
前オーナーはシルバーを塗っていたので、それだけは避けようと思いました。
文字通り我が家を

自分色に染めたい

と思ったからです。
それならば、淡色系よりも濃色系の方がイメージが変わるだろうと言う事で、私の好きな色の一つ、

 です。

黒を選んだ事で、夏は熱いのか?冬は暖かいのか?と色々考えましたが、
夏は暑い、冬は寒いものなのだと自分に言い聞かせて、正解が幾らでも有る様な事で、思い悩まない事にしました。
悩まないといけない事は、他に幾らでも有るのですから…

トタン屋根の膨らんだ部分を「瓦棒」と言うそうです。
瓦棒の部分を先に刷毛で塗っておきます。

コウボウサンダケクロ

下塗りは明るいグレーを塗っていますので、その上からローラーで黒を塗っていくのは、印象がガラっと変わって塗り甲斐が有りました。
施工指示ではもう一度重ね塗りをする事になっています。
が、2度目は塗っても見た目が変わらず、やり甲斐がありませんでした。

チュウシャジョウコウボウヤネモトヌリゴ

何とか塗り終えました。

DIY-塗装編- 屋根下塗り

錆取り後は、直ぐに下塗りです。
錆取り時に削り過ぎてしまい、金属面が露出してしまった部分や、錆が酷かった所は、翌日には錆が浮いて来てしまうからです。

錆取り時から感じていたのですが、屋根の上はとても過酷な環境です。
直射日光を遮る物も無く、屋根面は座っていられない位高温になります。
冬になれば雪が滑り落ちる際にこすれるでしょうし、塗装面も余程耐久力が無いと駄目だというのが容易に想像できます。
私自身も日光と屋根面からの照り返しが相まって、大人になってからこれ以上日焼けした事がないだろうという位、

顔と腕だけ

真っ黒になりました。
汗も大量に出ますし、水分補給も半端無い位します。
多分3リットル以上は水を飲んでいたのでは無いでしょうか。
シャワーを浴びてサッパリとした後の、

キンキンに冷えたビール

がとても旨かったです。

五臓六腑に染み渡る

この言葉が文字通り当てはまる至福の瞬間を味わえました。


ペンキ屋モリエンさんにて、使用ペンキに適合した下塗り剤も購入していましたので、刷毛とローラーで塗りました。

コウボウシタヌリゴ チュウシャジョウコウボウシタヌリゴ

熱さと揮発したシンナーとで朦朧とした中ではありましたが、塗った面が目に見えて分かるので達成感があり、辛いながらも楽しい作業ではありました。

DIY-塗装編- 屋根錆取り

トタン塗装のおおまかな作業の流れとしては、
錆取り→養生(必要部分以外に塗料が付着しないように、シートを敷いたり、テープを貼って防ぐこと。)→下塗り→本塗り(1回目)→本塗り(2回目)
となる様です。

作業前に屋根にロープを張り、そこに安全帯を掛ける様にして、落下を防止する様にしました。
ロープが思った以上にたわみ、甚だ効果には疑問がありますが、無いよりはましでしょう。

まずは錆取りから。
試しに手作業にて紙やすりを掛けてみましたが、紙やすりが何枚有っても足りない位消費しますし、何より腕が持ちません。電動工具に頼ろうと思い、屋根の上まで延長コードを引っ張りました。

我が家には、充電式の工具は有りません。
毎日電動工具を使う訳でも無いので、充電をしてからの作業の手間より、コードの取り回しの面倒さの方を取りました。
何よりも充電式よりも安いですしね。

コーナーサンダーを試してみました。
が、力が弱くて使い物になりませんでした。

次にディスクグラインダを試してみます。
100均にて、作業に適してそうな刃を購入して来ました。

P1030767.jpg

使用してみると、良さそうな感じです。
とは言え面積が多く、単純作業の連続、屋根の上の熱さ、足元の悪さ、心身共に消耗する作業になりました。

コウボウサビトリゴ

画像ではあまり錆取り前とは変わりませんが、トタンの保護が目的の塗装で、トタン本体まで削ってしまうのでは本末転倒と言うものです、作業はそこらへんの加減が難しかったです。

今回も試行錯誤の連続でしたが、何とか錆取りを済ます事が出来ました。

ディスクグラインダ

マキタ 9500N

P1030768.jpg

このディスクグラインダは、我が家の前オーナーが残して行った物です。
我が家を購入する際に、前オーナーが不要と思い残して行ったらしい物が大量にありました。
不動産屋さんとの交渉で、自分で処理する代わりに少し値引きをしてもらいました。
ほとんどの物は捨ててしまったのですが、まだまだ使える物は有効活用させてもらっています。
このディスクグラインダもその一つで、型が古く重いのですがリフォーム作業に大きく貢献してくれています。

我が家で2代に渡り活躍してくれている、大切にして行きたい道具です。

コーナーサンダー

RELIEF KS-105 

P1030769.jpg

楽天市場にて、新品1,950円で購入しました。
玄関のDIYの際に、少しの寸法違いや仕上げをするのに紙ヤスリを使っていたのですが、とても大変でした。
電動工具で効率化を図ろうと思い、電動カンナをヤフオクで落札したのですが、使い方が悪いのかも知れませんが私の思っていた用途には不向きでした。
で、その次に購入したのがこの商品です。
この商品よりも高価なサンダーは沢山有りましたが、作業に活用出来るか分からなかったので、安価なこの商品で試してみる事にしました。
結果、期待以上に使い勝手が良く重宝しています。

«  | ホーム |  »

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

yuu & mi

Author:yuu & mi
yuu
 45歳、5児の父
 仕事の傍ら、
 念願の田舎暮らしに
 日々奮闘中。

mi
 4?歳、yuuの妻
 仕事の傍ら、
 子供と野菜の育成に
 日々奮闘中。

アクセス数

最新記事

カテゴリ

はじめに (5)
DIYリフォームについて (5)
DIY-玄関編- (11)
DIY-トイレ編- (18)
DIY-塗装編- (14)
DIY-キッチン編- (19)
DIY-廊下編- (6)
DIY-書斎編- (26)
DIY-中2階編- (55)
DIY-フェンス編- (19)
DIY-脱衣所編- (24)
DIY-浴室編- (11)
DIY-庭屋根編- (10)
DIY-番外編- (13)
田舎暮らし (24)
仕事 (13)
道具 (13)
自然 (12)
シロアリ (4)
庭 (47)
祖母 (9)
車 (14)
育児日記 (19)
その他 (33)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示