fc2ブログ

2013-10

DIY-キッチン編- 壁紙

壁紙を貼ります。

が、壁紙を貼っている途中の画像を撮るのを忘れていました。
と言う事で、今日のブログは画像無しの 字だらけ です。
壁紙の出来映えは、今後のキッチン編で出て来ますのでそれを見て下さい。

トイレのリフォームの時は再湿タイプの壁紙を使いましたが、今回は生糊タイプの物を使ってみました。
再湿タイプとは、切手みたいに水で湿らせると糊が戻ります。
生糊タイプとは、壁紙に糊が付いていて透明のフィルムで保護されており、フィルムを剥がしながら貼って行きます。

トイレのリフォームの時は、ホームセンターで深く考えずに安くて貼り易そうな再湿タイプの物を選びました。
今回、壁紙を選ぶにあたってネットで探してみると、ホームセンターで購入した物の半値位で生糊タイプの物がありましたので、それを使う事にしました。
クチコミ等で見ると、再湿タイプの物より生糊タイプの物の方が貼り易いとの意見が多かったのも選んだ理由の一つです。

結果的に言うと、私自身は再湿タイプの方が使い勝手が良かったです。
理由としては、生糊タイプはフィルムで保護されているとは言え、1か月位で糊が乾燥して来ます。
私の様に、壁紙を貼り替えるだけのリフォームでは無く、間に他の作業を挟みながらだと糊が乾燥してしまいますし、その日の作業が終わる度に袋に戻して密閉するのも面倒臭いです。
残った壁紙を次の部屋のリフォームに持ち越す事も難しいです。
もしかして、乾燥してしまった壁紙も、再湿タイプの様に水で戻したら使えるかも知れませんので、今度試してみようかとは思っていますが…
その点、再湿タイプは長期保存が可能ですし、保存方法に気を使う事も無いです。

作業性の点でも、一長一短が有りあまり変わりません。
生糊タイプの方は、最安の物を購入したので、壁紙自体が薄く一概には言えないのですが…


壁に貼るのは問題無く一人で貼れました。
が、8畳の面積の天井を一人では貼れませんでした。
天井に石膏ボードを張る際も 悪戦苦闘 しましたが、 比に無らない 位難しい作業でした。
例の如く、妻の 出動 です。(引っ越して来てから妻との共同作業が多くなりました…)
二人掛かりで 大騒ぎ です。
そもそも貼り始めの位置決めが難しく、旨く平行が出せたと思って貼り進めて行く後から剥がれて来ますし、空気も入りまくります。

そこを押さえろ!

こっちも押さえろ!

フィルムを剥がせ!

空気が噛んでる!

と、妻に腕が4本あっても足りない位の指示を出してしまいます。
それでも何とか貼り終える事が出来ました。
ふと妻を見ると、疲れ切った顔で、

もう嫌や…

とボソリ。

ごめんなさい…

----- yuu -----
スポンサーサイト



テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

«  | ホーム |  »

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

yuu & mi

Author:yuu & mi
yuu
 45歳、5児の父
 仕事の傍ら、
 念願の田舎暮らしに
 日々奮闘中。

mi
 4?歳、yuuの妻
 仕事の傍ら、
 子供と野菜の育成に
 日々奮闘中。

アクセス数

最新記事

カテゴリ

はじめに (5)
DIYリフォームについて (5)
DIY-玄関編- (11)
DIY-トイレ編- (18)
DIY-塗装編- (14)
DIY-キッチン編- (19)
DIY-廊下編- (6)
DIY-書斎編- (26)
DIY-中2階編- (55)
DIY-フェンス編- (19)
DIY-脱衣所編- (24)
DIY-浴室編- (11)
DIY-庭屋根編- (10)
DIY-番外編- (13)
田舎暮らし (24)
仕事 (13)
道具 (13)
自然 (12)
シロアリ (4)
庭 (47)
祖母 (9)
車 (14)
育児日記 (19)
その他 (33)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示